So-net無料ブログ作成
検索選択

楽器は違えど・・。 [音楽]

ファゴットのマスタークラスを聴講してきました。
先生はウルリッヒ・ヘルマン先生。現在シュトゥットガルト歌劇場管弦楽団の首席、そしてシュトゥットガルト音大室内楽学科教授、この10月からマインツの音大のファゴット科の教授にも!

彼にも奥様のクラリネット奏者友子さんにも(今回通訳とミニコンサート)お二人には留学時にシュトゥットガルトで何度か会ってからの、ようやくスケジュールがあって約20年ぶりの再会!!
でも久しぶりなのに、久しぶりじゃない感じがなんとも言えない嬉しさでした。

クラスは息の使い方はもちろんの事、姿勢、フレージング・・ほぼ、ほぼフルートと重なる内容で、その問題点を改善させるためのアプローチのアイデアもたくさんいただきました。

楽器は違えど、同じ音楽を表現する事には違いがないのですから・・。

IMG_20170804_210009.jpg マスタークラスにミニコンサート。お疲れ様でした。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。