So-net無料ブログ作成

全て繋がっているのだ! [フルート]

先月に引き続き、木管フルートトリオの合わせ。

先月末のサロンコンサートから木管吹いてなかったけど、息を入れてから少しすると、今日もご機嫌に響いてくれました。

今日の発見。(あくまでも私の場合です。)
木管の場合、その音の余韻を生かすような意識を持つといいバランスの力加減になるような気が・・・。
音そのものと、響き?響きの余韻?を生かす音の出し方になるのでしょうか?「生かす」というのはその余韻を利用して演奏するといいますか・・・。文章にすると難しい。

管の太さにもほぼ慣れて、どんどん楽に息を入れられるようになってきました。

おそらくこの「気づき」は先週の怒涛の3日間があったからこそ、金属のフルートとの差がよりはっきり感じられたおかげかもしれません。どの経験も全て繋がっていることを改めて感じます。

で、この感覚を持って金属フルートに戻るとこれまた恐ろしく「楽に、自然に」音が出すことができるようになってるのです。相乗効果ってこと? ちょっと違う? 今までどんだけ力入れて演奏してたんだろうって思います。

次回の合わせも楽しみです。

13315800_10205301856580907_2587068100635775128_n.jpg

今日はアルト、バスも入りました。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0